マラウイ太鼓講演(タップダンスとの共演)

 

 

2011年10月1日及び2日、国際交流基金主催事業で、太鼓及びタップダンサーの方々を日本から招いて2日間の公演を行った。太鼓奏者のレナード・衛藤氏は、太鼓業界で初めて「blendrums」という概念を打ち出した有名人である。彼の音楽は、映画「Lion King」や「The Hunted」等でも使用されている。彼以外のメンバーでは、太鼓奏者で、衛藤氏との共演歴も長いMiho氏及び、双子のMiho氏、Shiho氏、またダンス歴20年のYoshiko氏及びSatomi氏が一緒に共演し、1日目は首都のリロングウェのCrossroads Hotelにて公演、2日目はマンゴチのLake of Starsへ参加。1日目は約500人、2日目は約120人の観客が会場へ押しかけた。1日目には観客からは「久しぶりにすばらしい演奏を聴いた」との声が聞かれ、また2日目には、アンコールのかけ声が出る等、大変好評であった。

 

 

 

法的事項  アクセシビリティについて  プライベートポリシー
Copyright (C): 2012 The Embassy of Japan in Malawi