平成28年在外公館文化事業 和太鼓アフリカ巡回公演

マラウイ和太鼓ワークショップ

 

201610月31日(月)

於:リロングウェ市内 インターナショナル・クリスチャン・アカデミー及び

チェラブ私立学校

 

2016年10月31日, 当館の在外公館文化事業にてマラウイを訪問された和太鼓は・や・との皆様にリロングウェ市内の学校2校(インターナショナル・クリスチャン・アカデミー及びチェラブ私立学校)で和太鼓ワークショップを行っていただきました。まずは・や・との皆様による和太鼓演奏デモンストレーションを行った後,和太鼓の楽器紹介を行い,最後は生徒と先生方にも和太鼓を体験していただきました。両校とも大変盛況なワークショップとなり,和太鼓を通して日本文化を知っていただく素晴らしい機会となりました。

 

【インターナショナル・クリスチャン・アカデミーでのワークショップ】

 

和太鼓体験:ばちの構え方を習う青年たち

 

 

  リズムに合わせ皆でそろえて音を出すことも重要と伝えられる

 

 

                          

特別ゲストとしてチンジャティ校長先生(中央)が和太鼓を体験

 

 

見学した生徒からも歓声が上がる

 

 

【チェラブ私立学校でのワークショップ】

 

は・や・との迫力ある冒頭デモンストレーション

 

 

和太鼓の大きな音にびっくりする生徒たち

 

 

和太鼓の説明

 

 

和太鼓体験

 

 

は・や・とがアンコール曲を演奏し始めると参加生徒全員がステージ上に登り,

和太鼓のリズムに合わせて踊り出し,大変盛り上がった

 

 

 

 

 

【演奏者プロフィール】

和太鼓兄弟ユニットは・や・と

金刺敬大、金刺凌大、金刺由大の3兄弟による、全国でも他に類を見ないスタイリッシュな和太鼓ユニット。

 

2001年に結成され、以降数々の学校公演やイベント・コンサートに出演し、全国各地においても精力的に演奏活動を展開。 国際交流基金主催事業により2004年、2006年には海外ツアーを行い、その中でもセネガルにおいては世界の至宝とされていたサバール奏者で人間国宝のドゥドゥ・ンジャエ・ローズとも競演している。

 

また東京ドームにて行われたMLB開幕戦「レッドソックスVSアスレチックス」のオープニングセレモニーにて演奏の他、NHK『首都圏ネットワーク』やTBS『はなまるマーケット』、東京新聞や京都新聞など各種メディア・雑誌にも多数採り上げられる(その他詳細は下記参照)。

 

〈は・や・と〉ならではの和太鼓に演劇的舞踊的要素を加えた「鼓舞劇」という新しいジャンルを創り出し、文化庁芸術祭に参加するなど和太鼓の新しい魅力も伝えながら、全国のモデルケースとなっている茨城県小美玉市の学校アクティビティ事業に8年間携わる他、幼保園の和太鼓を使った教育プログラムに関わるなど“和楽器を通しての情操教育”にも力を入れ活動を展開。


また敬大が平成17年度文化庁新進芸術家国内研修制度に和太鼓奏者として初めて選ばれるなど、3人ともに様々な舞台で活躍。多くのアーティストとの共演を果たすとともに、それぞれが芸術性の幅を広げるために日本舞踊を花柳榮輔氏に、歌舞伎囃子を望月流家元・望月太左衛門氏に師事している。

 

しなやかな感性に満ちた新しい和太鼓の世界を打ち、囃し、唄い踊る。和太鼓の“和”という部分を大事にしながら、兄弟ならではの新しい“和の音”を創り出し“伝統”の“今”の形をより多くの人に伝えていこう、幅広い世代に和太鼓の素晴らしさを広めていこうと活動を続けている。

 

【は・や・と】の名前の由来

は・や・とというユニット名は、“囃す人”という意味でもあり、また日本で最も古い芸能事の一つである 「隼人舞」の隼人でもあり、薩摩隼人の男らしさをあらわしたユニット名でもある。

 

(和太鼓兄弟ユニットは・や・との公式ホームページより抜粋:http://ha-ya-to.com

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 


 

 

 


法的事項  アクセシビリティについて  プライベートポリシー
Copyright (C): 2012 The Embassy of Japan in Malawi